calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


categories

archives




阪神片岡、花道飾る

阪神片岡選手が引退しました。泣けました…。

12日の対中日最終戦、スタメン出場、4打数2安打と有終の美を飾りました。最後のヒットはPL学園時代、苦楽を共にした無二の親友立浪の頭上を越えるレフトオーバーの二塁打。実に劇的な最後のヒットです。

産経スポーツの記事を読んでまた涙。
特に感動を呼ぶのは中日・立浪選手との友情、とことん頑張った者同士の強い絆がなんとも美しい。

果たして自分にこんな親友がいるのだろうか。そして、こんなに完全燃焼したことがあるのだろうか。思わず自問してしまいます。もちろん、私のような凡人には及びもつきません。うらやましくもあり、心から賞賛を送りたくもあるのです。

どんなことでも同じです。結果はどうあれ、とことん頑張れるかどうか。片岡選手のセレモニーでの挨拶は心に響くものでした。そこには真実があり、だからこそ伝わるものがあります。

片岡選手ありがとう。そして、ご苦労様でした。



正体見たり!

倖田来未が交通違反をしてゴネ倒し、見逃してもらったらしいですね。
無茶苦茶な運転をしながら、携帯電話を使っていたとのこと。

警官が切符を切ろうとしても、絶対に車から降りようとしなかった…。見逃した警官も情けないが、一番いけないのは倖田本人。

芸能人なら何をしてもいいわけではない。

活躍も派手だが、人間的にも立派だ、という方がずっとカッコいいのに、惜しい話です。若者に与える影響も少なからずある立場。猛省してほしいです。


それはないだろ?

今年の大学受験も終わりましたが、どうにも腑に落ちないことがあります。

個人情報保護法の関係で、大学側が高校側からの合否問い合わせに回答を拒否するケースがあるというのです。

大学側は受験生に対し、合否の情報公開について、事前に意向を確認しているとのことらしいのですが、ある有名大学では実に30%を超える受験生が母校への情報公開を拒否しているとのこと。

新聞でこのことを知り、情けないのと同時に怒りさえ感じました。

どんな事情があるのかわかりませんが(わかりたくもないけど)、私には彼らが何故母校への情報公開を拒否しているのか理解できません。

自分のことしか考えていないのか?

母校の後輩達は、あなた達のデータを貴重な判断材料にしている、ということをまさか知らないとは言わせない。

そんな狭い了見では、明るい未来は待っていないぞ! と、言いたい。

大学生になろうとしているんだから、最低の思いやりくらい、持ち合わせて欲しいものです。

それから、この個人情報保護法、ハッキリ言って天下の悪法です。徳川幕府5代将軍、綱吉の「生類哀れみの令」を連想させます。

誰だ? こんな下らない法律を考え出したのは? なんでもかんでも保護すりゃいいってもんじゃないんですよ。ホントに…。

ワテ、なんか間違うたこというてまっしゃろか?


ああ、阪神タイガース

4連敗。それも、一度もリードすることなく、敗れてしまいました。

日本シリーズ史上例がないそうです。それほどの大敗・・・。

岡田監督はその球歴からして強運の持ち主と言われています。

アマチュア時代から栄光の道を歩み、プロに入ってからも選手として日本一、二軍監督としても何度も優勝、そして今年セリーグ優勝。

監督の「運」に期待していましたが、誠に残念。ガックリです・・・。


ただ、感銘を受けたこともありました。

千葉ロッテのファンのマナーの良さです。聞くところによると、ロッテファンは相手チームの美技にも惜しみない拍手を送り、試合が終わればゴミ拾いをして帰るといいます。

それに比べて我が阪神タイガースのファンは昔からオイタが過ぎるように思います。

今回も阪神ファン同士でケンカをしたり、ロッテの選手にツバを吐きかけたりと、本当に情けない。

少しはロッテファンを見習いたいもんです。


せやけど、悔しい・・・。
打倒ロッテ!来年こそは雪辱してくれ、頼むで。

| 1/1PAGES |