calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


categories

archives




答案練習に強い味方有り!

難関大学合格のためには、センター試験でたとえ高得点をとっても、その後の個別試験で力を出せないと合格できません。

個別試験では、記述力、論理構成力が問われますが、合格レベルに達するには、日頃の練習がモノを言います。

古い話で恐縮ですが、1980年の3月、私は神戸大学経営学部の受験に臨みましたが、あえなく不合格、涙をのみました。

当時は共通一次試験(センター試験の前身)を受けた後、志望大学に出願したんですが、私の一次試験の得点は1000点満点で780点。

文系科目、特に国語での失敗が響き、予定していた800点に届きませんでしたが、二次試験(個別試験)で頑張れば十分合格圏にある、ということで神戸大学に出願しました。

ところが、肝心の二次試験で力を出せず、というより、元々二次試験に耐えられる実力が十分ついていなかったのかもしれません・・・

結果は前述の通り、「桜散る」。傷心のうちに同志社大学商学部へ進んだのです。

当時、もっと日頃から二次試験を意識した答案練習をしておくべきだったと反省したことを思い出します。

25年前の私の失敗を繰り返さないように、高一の息子には今から個別試験の重要性を折に触れて話しています。

その対策の一つが、通信添削講座です。

中でも定評があるのが通称「Z会」。息子は中学時代から続けております。


【通信教育のZ会】東大生・京大生のウラ話満載の冊子プレゼント中!



高校入学後、順調に結果を出しているのも、Z会抜きでは考えられません。

現在息子は高一ですが、現役での難関国立大合格を目指して勉強に取り組んでいます。そして、その中心軸には「Z会」があります。

もし、あなたが高校生なら、あるいは、高校生の保護者の方なら、「Z会」のことを調べてみて損はありません。

一度資料を請求してみて下さい。もちろん無料です。その実績、コースの種類・内容、添削事例等々、少なからず参考になるでしょう。

当然ですが、講座を申し込む義務は一切ありません。あなたにリスクはありませんから、目を通すだけでも何かしら今後の勉強の「ヒント」が見つかると思います。

下のページで資料請求できます。今なら興味深い小冊子がついています。

『Z会だけが知っている大学ナマ事情〜東大生・京大生のウラ話もいっぱい!』、資料請求された方にプレゼント中!