calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


categories

archives




塾に行く、イコール勉強している?

こんな話をよく聞きます。

「ウチの子、なかなか普段勉強しなくて・・・。でも今日は塾に行く日だから。高い月謝払ってるんだし、勉強しないとね・・・。」

親は子供が塾に行ってると、「勉強している」と思いがち。

もちろん、塾で授業を受けたり、問題を解いたりするわけですから、勉強していることには違いないのですが、試験の結果を見ると、本当に勉強していたのか?と疑いたくなる・・・というような話は珍しくありません。

しかし、一方では塾で成果を出している子供もいるんです。

その差はどこにあるのか? どうも話を聞いていると、できない子供には共通項があるようです。

そう、塾以外では勉強しない、ということです。塾で勉強したら、それだけでやった気になる。塾で理解したことをさらに定着させるための勉強を全くしていないわけです。

これに対し、成果を出している子供は、必ず家で確認・定着のための勉強をしています。この差は大きいですね。

こんなことも聞いたことがあります。

「普段、部活と塾で忙しい。定期試験の直前一週間は部活が休みになるので、気分もお休みモードになってしまい、試験勉強を全くやらない。」

こうなると、もう重症ですね。私ならすぐに塾をやめさせます。そして、少なくとも試験前一週間は「死んだ気になってやってみろ!」と喝を入れてやります。

目標を見失っている状態は親が気づいて、修正するための環境を作ってやらないといけません。

塾が目標達成のために役立っているかどうか。あなたのお子さんはいかがですか?