calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


categories

archives




走りながら考える

小学校から中学、中学から高校。それぞれ、ステージが上がるたびに、でてくるのが、

「どうやって勉強したらいいのか?」

という問題です。

勉強の仕方が分からないから塾に入れる。あるいは、自分では勉強できないから塾に入れる・・・。

いい方法です。手っ取り早い。高校受験や大学受験を考えると、そんな入り口で止まってられませんからね。それに、昨今の少子化の影響で、塾側も必死です。手取り足取り指導してくれます。それこそ、「勉強の仕方」まで。

でも、理想は自分で考えて勉強法を見つけ出すことですよね。

それができれば、悩まない…と言う声が聞こえそうですが、実はそんなに難しく考えなくてもできるんです。ハッキリ言って簡単です。ビジネスなんかに比べれば、ずっと簡単ですよ。

だって、どんな問題でも「答え」があるんですから。

じゃあ、どうすればいいのか?

それは、「できる生徒」の真似をすることです。何をって? もちろん、勉強の仕方です。訊けばいいんです。「普段どんな勉強してるの?」「ノートのとり方はどうしてる?」等々。

訊いたらそれをとにかく真似することです。「やってみる」んです。

そうやってるうちに、自分と合わない部分があったり、もっとこうしたらいいと、発見したり、自分なりのスタイルが出来て来るわけです。

試行錯誤っていうやつですね。これができると、強くなります。応用が利きますから。自分から情報を取りに言って、それをやる、改良する。

これの繰り返しです。

どうですか? なんかやれそうな気がするでしょ?

走りながら考えればいいんです。最初から、都合よく自分に合った勉強法なんか見つかるわけないんですから。

結局、やるか、やらないか。それだけです。