calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


categories

archives




国旗・国歌訴訟で喜ぶ心得違いな教師達

東京地裁が都立高校の教職員などが起こした国旗国歌訴訟で違憲判決が出ました。

卒業式などの式典で「国歌斉唱の義務はない」との判決に原告の教職員たちが喜んでいる、というのですが、子供を預けている私達保護者にとってみれば、全く納得できない話です。

もちろん、保護者の中にも原告団と同じ考えの方々がおられるであろうことは承知していますが、国民の多数が日の丸や君が代について肯定していることは事実です。

そして、何より、式典において国旗に敬意をはらい、国歌を斉唱することは、最低限の礼儀です。

今回の判決でも、一方では、教職員は生徒に対し国旗国歌に対し、敬意をはらうことを指導するべきである、と言っています。

判決は、あくまで「内心の自由」を認めているのであって、それと同時に国旗国歌に反対することを生徒にあおってはならない、と明言しているのです。

今回の判決のおかしいところは、教師が国歌斉唱時に起立しないとしても、教育上、悪影響を及ぼすとまではいえない、としている点にあります。

ハッキリ言いましょう。生徒に対して大いに悪影響はあります。なぜ生徒に対して「起立しなさい」と指導すべき教師が自分だけ起立しないのか。生徒に混乱が起こることは間違いありません。この点において、今回の判決は重大な論理矛盾があります。

保護者や来賓に対しても全くもって失礼な振る舞いです。

これは、職場でのルールです。憲法が「内心の自由を保障している」こととは全く矛盾しません。プライベートな時間まで縛っているわけではないのです。

日の丸や君が代は先の侵略戦争を想起させるもので、軍国主義の象徴であり、受け入れ難いという人達がおられることは理解できますが、日の丸と君が代は長い日本の歴史と文化を背負っています。

過去の不幸な一時期だけを理由にして、完全否定することは多数の国民感情を無視するものではないでしょうか。

今回訴訟を起こした先生達に聞きたいものです。あなた方はお葬式に参列するのに、個人の自由だからといって、派手な洋服を着ていきますか?

それと同じことです。個人の主義主張はあるでしょうが、職場のルールは守るべき。それを無視すれば、あなた方が今度は生徒達に「ある種の考え」を「押し付ける」ことになるんです。

そう、あなた方がお嫌いな「押し付け」です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック