calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


categories

archives




定期テストと実力テストの関係

公立高校入試の場合は内申点の比重が高いこともあり、公立第一志望の中学生は定期テストでしっかり結果を残すことが大切です。

ところが、大学受験になると推薦入試を除いて定期テストの成績が入試の結果に直接影響を与えることはありません。そのためか、定期テストを軽視する高校生がいます。

例えばこんなケースです。

校内実力テストや校外模擬テストでは好成績を残すのに、学校の定期テストは不成績な生徒。

一方で、定期テストの割には実力テストの成績がもう一つ、という生徒も当然います。

1,2年生の時期にこうした傾向が見られるとして、どちらのタイプが大学入試で成功する、と思われますか?



大学入試がセンター試験や個別試験(二次試験)の得点のみで評価されることを考えれば、実力テストに強いタイプが成功するように思うのですが、どうもそんなに単純な話ではなさそうなんです。

もちろん、入試が間近に迫った段階で実力テストの結果が思わしくない場合は相当厳しいものがありますが、早い段階においては定期テストの結果が良い生徒の方が、いわゆる「伸びしろ」があるらしいのです。

これは高2の息子が大学受験に成功した先輩から聞いた話なんですが、定期テストで結果を出し続ければ、実力テストの結果も遅かれ早かれついてくる、というわけです。

それはそうだろう、と思いますが、実力テストに強いタイプとの比較においてどうなのか、という疑問には直接答えていません。

まあ、統計を取ったわけではないので何とも言えませんが、息子が話を聞いた先輩とその周囲の受験成功組には定期テストに強いタイプが多かった、ということなんです。

別にどちらでもいいじゃないか、という向きもあるでしょうが、受験戦略上は大いに意味があります。つまり、定期テストに注力すべきか否かという問題です。

定期テストに注力した方が結果として受験に成功する確率が高いというなら、そうしない手はありません。

考えてみれば、大学入試では出題範囲の大部分を高校1,2年生の履修範囲が占めます。それなりのカリキュラムを組んでいる高校なら、定期テストにしっかり取り組むことがそのまま大学受験対策になる、と考えられます。

加えて次のような効果も期待できます。

例えばセンター試験で地理を選択する予定の理系の生徒が、受験に関係のない世界史を勉強する場合、勉強しなければそれまでですが、しっかり勉強すれば勉強しただけの「ご利益」があります。

息子によれば、地理の学習内容には歴史的な背景を知っていることで覚えやすい事柄が少なくないとのこと。つまり、地理と世界史のコラボレーションが起こるわけです。

このように総合的に養成した学力は堅実で、大学受験の段階に至って強固な実力となって現れる可能性は大いにあると思います。

世間を騒がせた未履修問題とは全く無縁な受験対策ですが、大いに考えさせられる話ではないでしょうか。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック